水資源管理

都市部における突然の豪雨や長く続く水不足は、より頻繁に発生するようになっています。市町村の下水道インフラは、降水による道路や地下への浸水を防ぐため、負荷の調整を行う必要があります。水不足に関しては、地上だけでなく地下も含めた最適な水資源の活用のため、スマートウォーターマネージメントが求められています。

Things Networkによって開発されたアムステルダムの防水アプリケーションは、降水バッファ装置や雨水タンク、保水屋根などと接続することで、スマートウォーターマネジメントに向けたネットワーク構築を実現するソフトウェアツールです。このアプリケーションにより、水資源管理を行う機関による一元的なモニタリングと管理の両方が可能となります。また、サードパーティのハードウェア事業者も、事業者のバッファ装置をこのツールへ接続することで、アップリンク・ダウンリンクによるデータ通信が可能となります。天候データや下水道の許容量などの情報が追加されることにより、各バッファ装置の最適な貯水量が算出され、その結果、装置のポンプやバルプの調整が行われます。

データの可視化と実際に整備された装置の写真
データの可視化と実際に整備された装置の写真

 

 

プラットフォームの統合

Things Networkは、オランダのFIWAREとのパートナーシップにより、プラットフォームを開発し、FIWARE Orionのコンテキスト・ブローカーとThings Networkが有するネットワークを繋いでいます。

カスタム化されたアプリケーションは、Things NetworkのMQTTブローカーと、HTTPエンドポイントから同時にデータを受け取った後、アプリケーションによってデータがFIWARE NGSI-10フォーマットに変換され、FIWARE Orionコンテキスト・ブローカーに格納されます。このアプリケーションは、対象範囲における市の情報をFIWARE Orionコンテキスト・ブローカーなどによって受け取ります。この通知が貯水タンクに向けた指示の場合には、アプリケーションが通知に基づいて情報を伝達します。